本学学生の皆様へ

新型コロナウイルス対策本部長

新型コロナウイルス感染拡大防止のための留意点を連絡します。各自、内容を十分確認し、感染拡大の防止に努めてください。

<健康管理について>

毎朝自宅で体温の測定と風邪症状の確認をしてください。登校前に確認できなかった学生は、正面玄関に非接触型の体温計を用意していますので、検温してから教室に入ってください。発熱や風邪の症状があれば、無理をせず速やかに自宅に戻り休養してください。自宅に戻ったら、できる限り大学にその旨を連絡してください。

<出席停止及び公認欠席の扱いについて>

以下に該当する場合は、出席停止とします。絶対に登校しないでください。


〇「学校保健安全法第19条による出席停止」とする目安

    • 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合(解熱剤を飲み続けなければならない場合も同様)
    • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合
    • 医療機関において新型コロナウイルスに感染していると診断された場合
    • 海外に渡航・滞在後、日本に帰国してから2週間以内の方

また、濃厚接触者にあたると特定された場合も、同様に出席停止となります。

当面の間、毎朝自宅で体温を測定し、発熱(37.5度を下回る場合も含む)や風邪の症状があれば、それが4日以上続いていない場合でも、無理をせずに登校を控えてください。

その場合の欠席は公認欠席と同じ扱いとなりますので、解熱・体調が回復し次第に学生支援部所定の「欠席届<新型コロナウイルス感染症感染拡大防止用>」を学生支援部教務グループに提出し、欠席した授業の補填については各科目担当者の指示に従ってください。

なお、欠席届作成の際に必要ですので、欠席中の体温・健康状態などを記録しておいてください。

<アルコール消毒液での手指消毒について>

正面玄関や各教室の入口にアルコール消毒液を用意しています。入室の際には、必ず手指消毒をお願いします。

<マスクの着用について>

学内では原則、マスク着用とします。マスクは各自で準備してください。マスクを持っていない学生は、お互いの距離が確保できない状況ではハンカチなどで口と鼻をおさえて、飛沫の放出や吸込がないようにしてください。咳やくしゃみが出る場合は咳エチケットの徹底をお願いします。

<学外での過ごし方について>

香川県においてもどこでクラスター(集団感染)が起き、いつオーバーシュート(爆発的患者急増)が発生するかは分かりません。不要不急の外出や3つの条件(換気の悪い密閉空間、多くの人が密集、近距離での会話や発話(密接))が重なる場所を避けるように行動してください。アルバイトなどで不特定多数の人が集まる場所は特に注意してください。

また、免疫力を高めるため、十分な睡眠、適度な運動やバランスのとれた食事を心がけてください。

<国内旅行について>

不要不急の外出は避けてください。特に、多数感染者が発生している地域は注意してください。

<部活動・サークル活動について>

現時点では通常活動を自粛していただくよう要請します。自粛要請解除については、WEBサイト、ポータルサイト、学内掲示等でお知らせする予定です。なお、団体として飲食を伴う懇親会等の開催も禁止します。

詳細はこちらのページをご覧ください。

<情報収集について>

新型コロナウイルス感染症に関する状況は刻々と変化し、現時点では予断を許さない状況が続いています。

学内の状況等はWEBサイト、ポータルサイト、学内掲示等でお知らせしますが、それだけでは無く、関連するWEBサイト等から最新の情報を入手し、冷静に行動してください。

取りまとめページに、関連するWEBサイトの一部を記載しています。