四国の香川県宇多津町にある香川短期大学のホームページです。新着・イベント情報や大学紹介、学科紹介、就職・進学状況、入試情報などを掲載しています。

三つのポリシー

香川短期大学の三つのポリシー

本学では、学生が教育目標を達成し十分に成長できるよう、入学者受け入れから卒業までの学生に対する基本方針として、学科、専攻課程ごとに「三つのポリシー(アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー)」を定めています。

 

【本科】

(1)アドミッションポリシー

本学の建学の精神と教育目標を理解し、実社会に貢献できる実力を身につけたいという強い意志と意欲をもつ人を広く国内外から受け入れます。

アドミッションポリシーとして学科、専攻課程ごとに求めるのは次のような人です。

 

○生活文化学科 生活文化専攻課程

(知識・理解)
① 食と生活、医療事務、司書などの専門教育に関心を持ち、現代の生活基盤や文化についての知見を学修するために必要な基礎学力を身につけていること

(思考・判断・表現)
② 職業人として必要なスキルや資格の修得のために、基礎となる思考力、判断力、表現力を身につけていること

(関心・意欲・態度)
③ 生活環境に関する文化的な知見、キャリアスキルの獲得にかかわる多様な事柄に関心を持ち、職業人としての資質や能力を高めようとする学修意欲を持っていること
④ 社会や地域と積極的に関わり、社会人としての倫理観や使命感を持って他者と協調・協働しようとする態度が認められること

(技能)
⑤ 生活環境に関する文化的な知見、キャリアスキルとしての技能を学修するために必要な基礎的技能が認められること

○生活文化学科 食物栄養専攻課程  

・栄養管理コース

(知識・理解)
① 栄養士免許を取得するために必要な専門的知識を修得することができる基礎学力を身につけていること

(思考・判断・表現)
② 他者と協調・協働するために必要なコミュニケーション能力を修得しようとしていること

(関心・意欲・態度)
③ 地域の食育活動に関心を持ち、それらに関する情報を収集し、積極的に食育活動に関わろうとしていること
④ 給食管理、栄養指導に関心を持ち、そのスキル修得の意欲が認められること

(技能)
⑤ 栄養士として必要な専門的技術を修得することができる基礎的技術を身につけていること

・食品栄養コース

(知識・理解)
① 栄養士免許を取得するために必要な専門的知識を修得することができる基礎学力を身につけていること

(思考・判断・表現)
② 他者と協調・協働するために必要なコミュニケーション能力を修得しようとしていること

(関心・意欲・態度)
③ 地域の食育活動に関心を持ち、それらに関する情報を収集し、積極的に食育活動に関わろうとしていること
④ 食品の商品開発、フードビジネスに関心を持ち、そのスキル修得の意欲が認められること

(技能)
⑤ 栄養士として必要な専門的技術を修得することができる基礎的技術を身につけていること

○生活文化学科 生活介護福祉専攻課程 

(知識・理解)
① 介護福祉士資格を取得するための学修に必要な基礎学力を身につけていること

(思考・判断・表現)
② 目的を達成するために収集した情報を基に、自分の考えた計画を表明できること
③ 実践的なコミュニケーション能力を修得しようとしていること

(関心・意欲・態度)
④ 介護福祉に関心を持ち、介護福祉士としての資質や能力を高めようとする意欲を持っていること

(技能)
⑤ 介護福祉士として必要な専門的技能を修得することができる基礎的技術を身につけていること

○子ども学科第Ⅰ部・子ども学科第Ⅲ部

(知識・理解)
① 保育者になるための学修に必要な基礎学力を身につけていること

(思考・判断・表現)
② 自分で計画を立て、情報を収集し、それらに基づいて自分の考えを論理的に表明できること

(関心・意欲・態度)
③ 保育に係る多様な事柄に関心を持ち、保育者としての資質や能力を高めようとする学習意欲が認められること
④ 社会や地域と積極的に関わり、倫理観や使命感を持って他者と協調・協働しようとする態度が認められること

(技能)
⑤ 保育者としての専門的技術を修得するために必要な基礎的技術を身につけていること

○経営情報科

・情報ビジネスコース
・デザイン・アートコース

(知識・理解)
① 情報ビジネスやデザイン・アートの分野を学修するために必要な基礎学力を身につけていること

(思考・判断・表現)
② 自分で計画を立て、情報を収集し、それらに基づいて自分の考えを論理的に表現できること

(関心・意欲・態度)
③ 情報ビジネスやデザイン・アートに関する事柄に関心を持ち、社会人としての能力を高めようとする学修意欲を持っていること
④ 社会や地域と積極的に関わり、倫理観や使命感を持って他者と協調・協働しようとする態度が認められること

(技能)
⑤ 情報ビジネスやデザイン・アートの分野における技能を修得するために必要な基礎的技術が認められること

(2)カリキュラムポリシー

本学の建学の精神と教育目的に基づき、学生の豊かな人間性と自己確立を促進し、それぞれの専門とする分野の知識、技術の向上を図るために、全学共通の「共通科目」と、学科、専攻課程ごとの「専門教育科目」の二つの大きな柱に分けてカリキュラムを編成しています。
共通科目は、一般教育科目、外国語科目、保健体育科目を通して基礎的な知識・技能及び学習能力を獲得し、人間、社会に対する理解とキャリア形成のための幅広い教養と豊かな人間性を身に付けるための素養を養います。
専門教育科目は、それぞれの学科、専攻課程ごとの教育目標に合わせ、理論と実践の両面から学びます。
また、科目間の関連を示すカリキュラム・ツリーによって、カリキュラムの体系・構造を分かりやすく明示しています。
各学科、専攻課程ごとの教育内容、教育方法、学修成果の評価について以下のように定めます。

○生活文化学科 生活文化学科 食物栄養専攻課程

・栄養管理コース
・食品栄養コース

【教育内容・方法】

  1. 健康で文化的な社会生活をおくるための基礎的な知識・技能・思考力・判断力・表現力に加え、グローバル社会で活用できる幅広い知識・技能及び社会の出来事に関心を持ち、よりよい社会を創造する意欲と態度を身につけるため、幅広い分野から構成される共通科目を配置します。
  2. 各授業科目について、シラバスに履修者の到達目標、授業の到達目標とディプロマ・ポリシーとの対応、授業計画(授業内容及び事前事後学習と時間)、オフィスアワー、学習項目とその成績評価方法及び配点比率等を明記し、周知します。
  3. 授業科目等に関する学生の質問・相談に応じるため、全教員がオフィスアワーを設け、学生の理解を助けます。
  4. 「専門教育科目」は、<生活文化系>、<社会生活と健康>、<人体の構造と機能>、<食品と衛生>、<栄養と健康>、<栄養の指導>、<給食の運営>など学科の専門性に応じて体系的に学ぶために講義や演習、実習をバランスよく配置し、系統的な教育課程の編成を行います。授業科目やその配当年次は、実習や演習を通して、各専門分野における専門知識・技能を磨き、実践力を高められるように設定します。また、<その他>として、2年間の学びの基礎となる初年次教育を行う科目、就職につながるキャリア支援科目、2年間の学びを振り返りながら、それぞれの分野でのまとめとしての特別研究を行う科目を設け、学びの集大成とします。さらに様々な資格取得や検定合格をめざすプログラムを積極的に設定し、一人一人の進路や関心に応じて学生の成長をサポートします。
  5. 本学科の授業は「講義」、「演習」、「実験・実習」から構成されており、「演習」、「実験・実習」では、グループで協議しながら課題に取り組み、調査、分析を通して判断力や問題解決力を育成します。また、地域活動を通して他者と協調、協働するために必要なコミュニケーション能力を養います。
  6. 第一線で活躍する調理分野及び栄養士現場の外部講師による実習や講義、食品加工施設見学等の体験型授業を通して、最新の栄養情報に対応できる柔軟な思考力を養い、栄養士としての使命感を育成し、実践的な知識及び技能の修得を図ります。栄養指導や献立作成・調理を通じて、栄養士として必要な専門的技術を身につけます。

【学修成果の評価】

  1. 評価の目的
    学修成果の達成を目指した教育内容・方法の充実改善を図り、本学の「教育の質」を保証するために、定期的に学修成果(教育課程及び成績)の評価を実施します。
  2. 教育課程の評価方法
    学修成果(教育課程)の評価方法については、3つのポリシー(ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー)に基づき、機関レベル(大学)・教育課程レベル(学科・専攻課程・コース)・科目レベル(授業)の3段階においてそれぞれの方法を定めています。

    1. 機関レベル
      各種入学試験、入学前教育、退学率、休学率、学生生活に関する調査、卒業率、就職率、免許取得率、進学率、卒業生へのアンケート調査、卒業生の動向に関する調査 等
    2. 教育課程レベル
      各種入学試験、入学前教育、カリキュラム・ルーブリック、カリキュラム・マップ、GPA、修得単位数、学生生活に関する調査、卒業率、就職率、免許取得率、進学率 等
      また学修成果評価の指標として、「栄養士実力認定試験」の得点を参考にします。
    3. 科目レベル
      単位取得状況、成績評価、授業改善アンケート、カリキュラム・ルーブリック 等
  3. 成績の評価方法
    学修成果(成績)の評価方法については、成績評価基準に基づき、科目の特性や到達目標等を踏まえ、シラバスに明示した評価方法及び配点比率を用いて厳格な評価を行います。

○生活文化学科 生活介護福祉専攻課程 

【教育内容・方法】

  1. 健康で文化的な社会生活をおくるための基礎的な知識・技能・思考力・判断力・表現力に加え、グローバル社会で活用できる幅広い知識・技能及び社会の出来事に関心を持ち、よりよい社会を創造する意欲と態度を身につけるため、幅広い分野から構成される共通科目を配置します。
  2. 各授業科目について、シラバスに履修者の到達目標、授業の到達目標とディプロマ・ポリシーとの対応、授業計画(授業内容及び事前事後学習と時間)、オフィスアワー、学習項目とその成績評価方法及び配点比率等を明記し、周知します。
  3. 授業科目等に関する学生の質問・相談に応じるため、全教員がオフィスアワーを設け、学生の理解を助けます。
  4. 介護福祉の本質と目的について理解し、介護福祉士として必要な専門的知識及び技術を身につけるため、介護福祉士国家資格取得に係わる「人間と社会」、「介護」、「こころとからだのしくみ」、「医療的ケア」の教育体系に基づき、理論と実践の融合ができるように学年・学期別に科目配置を行います。
  5. 介護福祉に係る多様な事柄に対して関心、意欲を持ち、介護実習を通して、介護福祉士としての倫理性や資質を高め、その人らしい生活を支援するための能力を養います。
  6. 介護福祉士として、介護ニーズの複雑化・多様化・高度化に対応できる能力、他者と協調・協働するためのコミュニケーション能力、思考力及び判断力を養う教育を行います。

【学修成果の評価】

  1. 評価の目的
    学修成果の達成を目指した教育内容・方法の充実改善を図り、本学の「教育の質」を保証するために、定期的に学修成果(教育課程及び成績)の評価を実施します。
  2. 教育課程の評価方法
    学修成果(教育課程)の評価方法については、3つのポリシー(ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー)に基づき、機関レベル(大学)・教育課程レベル(学科・専攻課程・コース)・科目レベル(授業)の3段階においてそれぞれの方法を定めています。

    1. 機関レベル
      各種入学試験、入学前教育、退学率、休学率、学生生活に関する調査、卒業率、就職率、免許取得率、進学率、卒業生へのアンケート調査、卒業生の動向に関する調査 等
    2. 教育課程レベル
      各種入学試験、入学前教育、カリキュラム・ルーブリック、カリキュラム・マップ、GPA、修得単位数、学生生活に関する調査、卒業率、就職率、免許取得率、進学率 等
    3. 科目レベル
      単位取得状況、成績評価、授業改善アンケート、カリキュラム・ルーブリック 等
  3. 成績の評価方法
    学修成果(成績)の評価方法については、成績評価基準に基づき、科目の特性や到達目標等を踏まえ、シラバスに明示した評価方法及び配点比率を用いて厳格な評価を行います。

○子ども学科第Ⅰ部・子ども学科第Ⅲ部

【教育内容・方法】

  1. 健康で文化的な社会生活をおくるための基礎的な知識・技能・思考力・判断力・表現力に加え、グローバル社会で活用できる幅広い知識・技能及び社会の出来事に関心を持ち、よりよい社会を創造する意欲と態度を身につけるため、幅広い分野から構成される共通科目を配置します。
  2. 各授業科目について、シラバスに履修者の到達目標、授業の到達目標とディプロマ・ポリシーとの対応、授業計画(授業内容及び事前事後学習と時間)、オフィスアワー、学習項目とその成績評価方法及び配点比率等を明記し、周知します。
  3. 授業科目等に関する学生の質問・相談に応じるため、全教員がオフィスアワーを設け、学生の理解を助けます。
  4. 保育の本質と目的について理解し、保育者として必要な専門的知識及び技術・技能を身につけるため、幼稚園教諭二種免許状、保育士資格取得に係わる授業科目をその体系に基づき、理論と実践のつながりを意識しながら学べるように学年・学期別に科目配置を行います。
  5. 保育に係る多様な事柄に対して関心、意欲を持ち、保育者としての資質や能力を高めようとする態度を身につけるため、附属幼稚園や関連保育園等で子どもたちの成長を間近に見つめながら学べる科目を配置します。
  6. 保育者としての倫理観及び使命感、主体的に社会の変化やニーズに対応できる思考力及び判断力、他者と協調・協働するための表現力及びコミュニケーション能力を身につけるために、地域に目を向けた保育体験やアクティブラーニング等の多様な教育方法を取り入れた指導を行います。

【学修成果の評価】

  1. 評価の目的
    学修成果の達成を目指した教育内容・方法の充実改善を図り、本学の「教育の質」を保証するために、定期的に学修成果(教育課程及び成績)の評価を実施します。
  2. 教育課程の評価方法
    学修成果(教育課程)の評価方法については、3つのポリシー(ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー)に基づき、機関レベル(大学)・教育課程レベル(学科・専攻課程・コース)・科目レベル(授業)の3段階においてそれぞれの方法を定めています。

    1. 機関レベル
      各種入学試験、入学前教育、退学率、休学率、学生生活に関する調査、卒業率、就職率、免許取得率、進学率、卒業生へのアンケート調査、卒業生の動向に関する調査 等
    2. 教育課程レベル
      各種入学試験、入学前教育、カリキュラム・ルーブリック、カリキュラム・マップ、GPA、修得単位数、学生生活に関する調査、卒業率、就職率、免許取得率、進学率 等
    3. 科目レベル
      単位取得状況、成績評価、授業改善アンケート、カリキュラム・ルーブリック 等
  3. 成績の評価方法
    学修成果(成績)の評価方法については、成績評価基準に基づき、科目の特性や到達目標等を踏まえ、シラバスに明示した評価方法及び配点比率を用いて厳格な評価を行います。

○経営情報科

・経営情報コース
・デザイン・アートコース

【教育内容・方法】

  1. 健康で文化的な社会生活をおくるための基礎的な知識・技能・思考力・判断力・表現力に加え、グローバル社会で活用できる幅広い知識・技能及び社会の出来事に関心を持ち、よりよい社会を創造する意欲と態度を身につけるため、幅広い分野から構成される共通科目を配置します。
  2. 各授業科目について、シラバスに履修者の到達目標、授業の到達目標とディプロマ・ポリシーとの対応、授業計画(授業内容及び事前事後学習と時間)、オフィスアワー、学習項目とその成績評価方法及び配点比率等を明記し、周知します。
  3. 授業科目等に関する学生の質問・相談に応じるため、全教員がオフィスアワーを設け、学生の理解を助けます。
  4. 情報ビジネスとデザイン・アートの分野における専門的知識を身につけるため、学年・学期別に科目配置を行います。
  5. 柔軟な思考力を持って適切に判断でき、実践的なコミュニケーション能力を身につけ、健全な職業観を持ち、広い視野と深い教養及び豊かな創造力を身につけるため、科目を配置します。
  6. 学問的情熱を持ち、社会に対する高い関心と深い洞察力を身につけ、情報ビジネスとデザイン・アートの分野に求められているマネジメント能力及び問題解決能力を身につけるため、アクティブラーニング等の多様な教育方法を取り入れた指導を行います。

 

  1. 【学修成果の評価】
    1.評価の目的
    学修成果の達成を目指した教育内容・方法の充実改善を図り、本学の「教育の質」を保証するために、定期的に学修成果(教育課程及び成績)の評価を実施します。
  2. 教育課程の評価方法
    学修成果(教育課程)の評価方法については、3つのポリシー(ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー)に基づき、機関レベル(大学)・教育課程レベル(学科・専攻課程・コース)・科目レベル(授業)の3段階においてそれぞれの方法を定めています。

    1. 機関レベル
      各種入学試験、入学前教育、退学率、休学率、学生生活に関する調査、卒業率、就職率、免許取得率、進学率、卒業生へのアンケート調査、卒業生の動向に関する調査 等
    2. 教育課程レベル
      各種入学試験、入学前教育、カリキュラム・ルーブリック、カリキュラム・マップ、GPA、修得単位数、学生生活に関する調査、卒業率、就職率、免許取得率、進学率 等
    3. 科目レベル
      単位取得状況、成績評価、授業改善アンケート、カリキュラム・ルーブリック 等
  3. 成績の評価方法
    学修成果(成績)の評価方法については、成績評価基準に基づき、科目の特性や到達目標等を踏まえ、シラバスに明示した評価方法及び配点比率を用いて厳格な評価を行います。

(3)ディプロマポリシー

本学の教育課程において厳格な成績評価を行い、建学の精神に基づき、幅広く深い教養と自主・自律の精神及び豊かな人間性を身につけ、それぞれの専門分野の知識と技術を修得して、地域社会に貢献できると認められる学生に対して卒業を認定し、短期大学士の学位を授与します。

共通科目のディプロマポリシーと学科、専攻課程ごとの専門科目のディプロマポリシーとを併せたものが学科、専攻課程ごとのディプロマポリシーとなります。

 

○共通科目

(知識・理解)
① 健康で文化的な社会生活をおくるための基礎的な知識を身につけている

(思考・判断・表現)
② 社会生活をおくるうえで必要な思考力、判断力、表現力を身につけている

(関心・意欲・態度)
③ 社会の出来事に関心を持ち、よりよい社会を創造する意欲と態度を身につけている

(技能)
④ 健康で文化的な社会生活をおくるための基礎的な技能を身につけている
⑤ グローバル社会で活用できる様々な技能を身につけている

○生活文化学科 生活文化専攻課程

(知識・理解)
① 現代社会の構造を学び、自立した社会人としての生活設計を適切に描き、コミュニケーション能力を高め、社会の一員として活躍できる積極性や、ビジネスモラル、専門知識を身につけている

(思考・判断・表現)
② 職業人として必要とされる、ビジネスマナー・コミュニケーションスキル、資格取得などキャリアスキルのための基礎的な能力を修得し、資格取得にたるような技術・表現力を身につけている
③ 創造的な技術に必要な感性を磨き、社会の一員として活躍できる専門知識と技術を身につけ、職業人として必要な思考力、判断力、表現力を身につけている

(関心・意欲・態度)
④ 食と生活、医療事務、司書などの専門分野の授業科目を通して、健康で豊かな生活を創造する生活主体者であることを理解し、常に向上しようとする意欲を身につけている

(技能)
⑤ 食と生活、医療事務、司書などの専門分野の学修を通し、創造的な生活文化に学び、現代に必要な課題に対して自ら展望を切り開き、それを実現し、社会の一員として活躍できる積極性や、専門技術を身につけている

○生活文化学科 食物栄養専攻課程

・栄養管理コース
・食品栄養コース

(知識・理解)
① 食と健康について理解し、栄養士として必要な専門的知識を身につけている

(思考・判断・表現)
② 食環境の変化や最新の栄養情報に対応できる柔軟な思考力、的確な判断力を身につけている
③ 他者と協調・協働するために必要なコミュニケーション能力を身につけている

(関心・意欲・態度)
④ 食事や栄養のアドバイザーとしての使命感を持ち、食と栄養の面から社会に貢献しようとする意欲と態度を身につけている

(技能)
⑤ 栄養士として必要な専門的技術を身につけている

 

○生活文化学科 生活介護福祉専攻課程

(知識・理解)
① 介護福祉の本質と目的について理解し、介護福祉士として必要な専門的知識を身につけている

(思考・判断・表現)
② 介護を必要とする人の情報を収集し、専門的に必要な思考力、判断力、実践力を身につけている
③ 実践的なコミュニケーション能力を身につけている

(関心・意欲・態度)
④ 介護福祉に関心を持ち、介護福祉士として常に向上しようとする意欲を身につけている

(技能)
⑤ 介護福祉士として必要な専門的技術・技能を身につけている

○子ども学科第Ⅰ部・子ども学科第Ⅲ部

(知識・理解)
① 保育の本質と目的について理解し、保育者として必要な専門的知識を身につけている

(思考・判断・表現)
② 社会の変化やニーズに対応できる思考力、判断力、表現力及びコミュニケーション能力を身につけている

(関心・意欲・態度)
③ 保育に係る多様な事柄に対して関心、意欲を持ち、保育者としての資質や能力を高めようとする態度を身につけている
④ 保育者としての倫理観と使命感を持ち、他者と協調・協働しようとする態度を身につけている

(技能)
⑤ 保育者として必要な専門的技術・技能を身につけている

○経営情報科

・情報ビジネスコース
・デザイン・アートコース

(知識・理解)
① 情報ビジネスとデザイン・アートの分野における専門的知識を身につけている

(思考・判断・表現)
② 柔軟な思考力を持って適切に判断でき、実践的なコミュニケーション能力を身につけている
③ 健全な職業観を持ち、広い視野と深い教養及び豊かな創造力を身につけている

(関心・意欲・態度)
④ 学問的情熱を持ち、社会に対する高い関心と深い洞察力を身につけている

(技能)
⑤ 情報ビジネスとデザイン・アートの分野に求められているマネジメント能力及び問題解決能力を身につけている

 

Copyright © 香川短期大学 All Rights Reserved.