9月28日から瀬戸芸秋会期が開幕しました。早速、初日と二日目に本学学生が秋会期の会場となる高見島でのボランティア活動を行いました。主な役割は各会場の準備や、受付です。8時40分の船で多度津港を出発し到着後は徒歩で各持ち場に移動し10時から受付等をはじめ、16時45分から終了作業を行い、17時35分の船で多度津港に向けて出発し、18時に港で解散しました。2日間で11名の学生が参加し、普段接することのない現代アート作品はもちろんのこと、地元住民との交流もあり島の文化や生活を肌で感じることができました。会期中は留学生7名を含む19名の学生と教員が参加し、こえび隊や他のボランティアさんと共に3年に一度の芸術祭を盛り上げていきます。