8月21日(水) 多度津町と包括的連携・協力の協定を締結しました。調印式は多度津町町役場で行われ、加野学長は「地域貢献は大学の使命、人材育成や研究活動などを通して、地域の活性化に貢献できるように取り組む」と抱負を語り、丸尾町長は「町の課題解決に向けて協定は心強い。双方にプラスとなるように努め、地域の発展を図る」と語りました。調印式には加野学長のほか玉置副学長、齊藤副学長、福家事務局長、竹安地域交流センター長、高島総務部長が出席し、和やかな雰囲気の中で式後も町長ら関係者と今回の協定にかける思いが語られました。