5月20日(月)、コロラド州立大学(アメリカ)早期教育センター所長のKaren Rattenborg(カレン・ラテンバーグ)助教授が来学され加野学長、玉置副学長、子ども学科第Ⅰ部安藤学科長、子ども学科第Ⅲ部渡辺学科長、子ども学科大久保講師らと懇談しました。
助教授の来日は香川大学との共同研究やセミナー開催が目的で、本学への訪問は、加野学長の過去二回のコロラド州立大学訪問や香川大学教育学部髙木由美子教授との関係で実現しました。
当日は、日本の幼児教育と保育士養成の現場を研究するために午前中は本学附属幼稚園を視察し、午後、本学子ども学科における取り組み等についての意見交換が行われました。短い時間ではありましたが貴重な意見交換がなされ、今後も教育交流が期待されます。