受講生に論理的思考に加えて、問題解決の楽しさも実感してもらうため、プログラミング初心者向けゲーム「ブロックリーゲーム」を体験する講座を開講しました。講師は本学経営情報科でプログラミング担当の岩倉洋平先生です。前半20分はソフトウエアの概略について講義があり、後半100分はビジュアルプログラミングを使った問題解決時の手法、手続き(フロー)について体験しました。先生から論理的思考の基本となる、変数・繰り返し・分岐を感覚的に学べるようわかりやすく丁寧に教えて頂きました。楽しみながらパズルのようにブロックを組み合わせることで、プログラムを作ることができました。テーマとなる迷路は10種類で段々と難易度が上がって行きます。少人数の参加者ではありましたが、関係者も含めて和やかな雰囲気の中で講座が行われました。