体を動かすことの楽しさやバドミントンの楽しさを体験するカルチャー講座を二日間にわたり開催しました。講師は本学子ども学科で保健体育を専攻しバドミントンが専門の六川利康先生です。本学講堂ホールに集まった受講生はけがの防止を目的とした準備運動を入念に行いました。六川先生が「子どもの体育」で行っている体操や遊びを取り入れた運動です。続いてバドミントンのシャトルやラケットを使用した遊びを楽しく行い、その後、競技や道具についての説明とショット(ストローク)の実践を体験しました。ゲームのルールも丁寧に教えて頂き、最後のレッスンとしてダブルスのゲームを参加者全員で対戦しました。参加者は和やかな雰囲気の中で楽しくバドミントンの楽しさを体験することができました。