かがわ産業支援財団と協定書締結

県内の農商工連携や6次産業化に取り組んでいる公益財団法人かがわ産業支援財団(中山貢理事長)と香川短期大学(石川浩学長)はこのほど、新商品開発に向けて連携・協力協定を締結しました。本学が、公的機関と協定を結ぶのは初めてで、連携事業の成功に向けて学生たちも張り切っています。

協定書調印式3月26日に本学で行われた調印式では、中山理事長が「学生のみなさんの若い感性を活かし、今後の地域経済の活性化や地域産業の振興に活かしていただくことを期待しています」と挨拶、石川学長も「大学としても、今回の調印を弾みにして一層の社会貢献に取り組みます」と決意を述べました。

かがわ産業支援財団と本学はこれまでも、産学官連携事業の一環としてレシピや商品パッケージの開発などに取り組んできました。今回の協定締結で、お互いの連携が一層強まることが期待されています。