2月8日(火)公益社団法人香川県栄養士会会長 三野安意子氏を講師に招き、食物栄養専攻2年生49名を対象に「明日の健康を担うあなたへ~栄養士として活躍するために~」と題した講演会を開催しました。

この講演会は昨年度に引き続き、卒業年次の学生に対して、栄養士としての役割りや使命について学ぶことを目的に実施しました。なお、香川県栄養士会は栄養士として就職した本学の卒業生や食物栄養専攻の教職員も入会しています。

最初に、栄養士会の概要について説明がありました。また、入会すると、スキルアップのための生涯教育研修会制度を利用できること、栄養士会員の活躍や最新情報を掲載した月刊誌が毎月発行されること、7つの職域で働く栄養士・管理栄養士の交流の場として利用し悩みを相談できる仲間づくりができること、万が一に備えた栄養士総合保障制度が利用できることなど就職に際し、たくさんの役立つ情報を教えていただきました。

香川県栄養士会のロゴマーク(※1)を県内高校生から募集し、より一層栄養士会の活動に関心を持ってもらい、食と健康づくりを実践する県民を増やしたいという思いで精力的に活動を行っており、ぜひ香川県栄養士会を利用して活躍の場を広げてほしいとのお話がありました。

参加した学生からは、「4月から栄養士として働くので、相手のことを考えた献立を作り、自分自身もたくさん成長できるように一生懸命がんばりたいです」、「夢だった栄養士になれるので、出会いを大切にしてたくさん学びたいと思います」といった感想があり、4月から栄養士として働く学生の意欲向上に繋がりました。

本学でも多くの県民の栄養改善や健康づくりに貢献できる栄養士の養成に取り組んでいきたいと思います。