食物栄養専攻の学生たちによる小学生への支援活動報告についてのプレゼン発表が県庁で3月6日にありました。

明治百年記念香川県青少年基金助成事業として実施されている同事業では、7月に支援事業助成金交付決定を受け、食育ゼミの2年生が中心となり事業の準備をすすめてきました。「生活文化にふれよう!クリスマスリース作りとクリスマス料理の調理実習」の事業名でイベントを11月18日に本学で実施しました。当日の詳細はブログでお知らせします。

今年度の報告会には代表の尾野友香さん(食物栄養専攻2年)と大石彩也香さん(同専攻2年)の2名の他に、1年生の4名が参加し、プレゼン発表を行いました。

10分間の発表の後に、理事の方々から様々な質問があり、そちらにも一つずつ丁寧に答えることができました。他の大学や高等専門学校、高等学校からの発表も併せて聞くことができ、他団体の工夫している点などを今後本学での活動に生かしていければと感じました。

食物栄養専攻で活動する時に着るTシャツで発表に臨みました

食物栄養専攻で活動する時に着るTシャツで発表に臨みました

理事の方々の質問にも丁寧に答える学生たち

理事の方々の質問にも丁寧に答える学生たち