平成30年度卒業証書授与式が3月16日に行われ、233人が巣立ちました。
(生活文化学科89人、子ども学科第Ⅰ部56人、子ども学科第Ⅲ部39人、経営情報科49人)

式には保護者のほか、谷川俊博宇多津町長をはじめ多くの方々に来賓として出席していただきました。

卒業生233人に卒業証書を授与した石川学長が「フロントランナーとしての視点を常に持ち、失敗を恐れず挑戦し続けてほしい。自分の人生街道を切り開き、地域社会のリーダーとして活躍することを願います。」とはなむけの言葉を贈りました。

在校生を代表して小嶋里華さん(子ども学科第Ⅲ部)が送辞を、卒業生代表の山本未来さん(経営情報科デザイン・アートコース)が答辞をそれぞれ述べました。

答辞の中で山本さんは「社会という大空に飛び立つ私たちは、建学の精神『愛・敬・誠』の哲学を胸に刻み、学んだ知識、技術、経験を生かして社会に貢献します。」と誓いました。