四国の香川県宇多津町にある香川短期大学のホームページです。新着・イベント情報や大学紹介、学科紹介、就職・進学状況、入試情報などを掲載しています。

多彩なゼミ活動

器楽ゼミ (担当者:田中 雅純)

器楽ゼミでは、吹奏楽で使用される各種楽器の演奏活動を通じて、保育の専門家に相応しい豊かな音楽性と情操を培うとともに、各種音楽教育に必要な指導法を習得します。また、保育現場では馴染みのないこれらの楽器の演奏を、幼児とのコミュニケーションを図る方法としていかに効果的に行うか研究します。

幼児音楽ゼミ (担当者:安藤 千秋)

幼児音楽ゼミでは、保育者として必要な音遊び・歌遊びのレパートリーを増やし、子ども達の前で実践できることを目的とします。内容は、子どもの生活習慣を取上げた人形劇、環境を取上げたぺープサートやパネルシアター、生活習慣を題材にした「おたすけレンジャー」をこども劇場では公演しています。また、学外活動として児童館、保育所、幼稚園公演から、子どもたちとふれあいながら実践力を学べるゼミ活動を行っています。

音楽ゼミ (担当者:渡辺 理香)

こども達のためのミュージカルの創作、発表を目的とします。幼児期における最もウエートの大きいもののひとつとして、話したり、歌ったり、演奏したり、絵を描いたり、踊ったり等の表現活動があり、これらの要素がまとまった形としてミュージカルとか、オペレッタと称され保育現場で必ず行われています。学生自身の表現活動を通してミュージカルを制作し、こども達の前で発表することにより交流を計り、こども達の大好きな「ぬいぐるみ」を使用して興味をもたせ身近に感じさせます。

体育ゼミ (担当者:新岡 礼伸)

子どもたちの大好きなアニメのテーマソングに振り付けをしたり、子どものたいそう・手あそび・ゲームあそびなどを学生自身で創作します。このように多彩な内容は保育所や幼稚園や施設などの現場で役立つものばかりです。またその成果を各地域でのボランティア活動やフェスティバルに参加して子どもたちの反応を体験します。

児童文化ゼミ (担当者:大久保 直幸)

ブラックライトを使った劇を製作し発表することを目的としています。パネル人形や道具、背景画を蛍光の絵の具で塗り、暗い部屋でこれらにブラックライトを当てると、そのパネルや道具、バックの絵だけが光り、幻想的な雰囲気になります。人形の大きさや表情、色に注意して製作し、動かし方を工夫して大学祭やこども劇場で演じています。また、児童館では、ブラックライト劇の他にパネルシアターやペープサート、人形劇などを子どもたちの前で演じる経験もします。

ダンスゼミ (担当者:辰巳 裕子)

保育者として、感性豊かに身体を使い表現できることを目指します。その為にダンスの基礎的な動きを学び、テーマにそった動きをメンバーで探求し創作します。また、幼児向けのダンスのみならず、モダンダンス、ストリートダンス、チアダンスなど幅広いジャンルを経験し、レパートリーを増やします。イベント出演の依頼も多くあり、地域との交流や舞台公演を通じて連絡調整や衣装、音響、照明など保育現場で必要とされる知識や技術を学びます。

保育ゼミ (担当者:松下 由美子)

保育実習や実践に役立つ保育教材の研究をしています。具体的には、廃材を使って子どもの年齢に合った手作りのおもちゃを作ったり、季節や行事を取り入れた保育室の環境構成(壁面装飾)をしたりしています。
作ったり描いたりすることが苦手な人も、一人で作るだけでなく仲間といっしょに智恵を出し合って活動すると、いろいろなアイディアや方法を知ることができ、多くの学びとなっています。

心理学ゼミ (担当者:吉井 鮎美・小松 陽子)

心理学ゼミでは、興味のある内容について自分で調べ、心理学の視点からその問いを深めることを目的としています。そのため、資料の収集方法やまとめ方などを学びます。まとめたことをみんなの前で発表し、ディスカッションを通してみんなで学びを深めることを行なっています。また、保育現場でよく栽培や飼育されている、植物や生物を育てることも行なっています。保育現場でなぜ植物や生物の飼育がされているのか、その重要性を体験したいと思います。理論的な学びを深めつつ、保育現場でも生かせる知識の獲得を目指しています。

美術工芸ゼミ (担当者:辻 真樹)

美術工芸ゼミでは、次のことを目標として活動しています。
1.普段あまり目にすることのない様々な素材を使って作品を制作することで、素材やその加工法に関する幅広い知識・技術を身に付ける。
2.物作り体験を通して、自分の力で問題解決する能力を養う。
3.1と2を通して、様々な教材を自己開発できる能力を身に付ける。
また、実際に何を作るかは、履修している学生と相談しながら決定します。

子ども発達ゼミ (担当者:林 美代)

子ども発達ゼミでは、子どもの発達と遊びについて実践を通して学んでいます。子どもの年齢に応じた手遊び・歌遊び、季節の製作などを計画し、「地域子育て支援拠点事業」として実施されている宇多津町施設で、0歳から3歳の乳幼児やその保護者の方との交流活動を行っています。また、幼稚園に出かけて行って子どもたちとの交流活動や保育の援助を行うこともあります。これらの活動を通して、学生は子どもの発達とそれに応じた援助の仕方について学び、地域における子育て支援についての理解も深めています。

Copyright © 香川短期大学 All Rights Reserved.