四国の香川県宇多津町にある香川短期大学のホームページです。新着・イベント情報や大学紹介、学科紹介、就職・進学状況、入試情報などを掲載しています。

教職員紹介

名前をクリックすると詳細表示に移動します。


氏名 安藤 千秋(ANDO Tiaki)
担当科目
  • 保育内容(表現I)(身体と音楽A)
  • 子どもとお話
  • 音楽
  • 保育・教職実践演習(幼稚園)
  • 子ども学演習I・II・III
専門分野 幼児の音楽
学位 音楽学士
主な所属学会等 全国大学音楽教育学会、全四国大学音楽教育学会、 中・四国大学音楽教育学会、日本保育学会
代表的な研究・活動業績

[論文]

  • 子どもの情報教育プログラムにおける感性と理性の発現 2010年 香川短期大学紀要第39号 共著
  • 学生と子どもの言語と画像表現による創作ストーリー構成の特徴比較 2011年 香川短期大学紀要第40号 共著
  • 手作り楽器と音素材を用いた幼児の擬音表現・音描画・音即興の試み 香川短期大学紀要 第45巻
  • 5歳児のクラス行事からの連続的な展開を中心とした表現活動事例 香川短期大学紀要第47号
  • 音楽表現における手遊びの検討 -学生の意識調査と遊び方実践を通して- 香川短期大学紀要第48号

[学会発表]

  • 令和元年 全国大学音楽教育学会中・四国地区学会 高知大会
    「既存のスタンダードなあそび歌分析」-乳幼児の発達に着目して-

[国際活動]

  • PEECERA2017 アジア国際大会発表
    フイリピンセブ島 「Examination of preschoolers’ spontaneous and inventive singing during free play.」
  • EECERA2017 ヨーロッパ国際大会発表
    ボローニャ大学 「Qualities of effective teachers in music education for young children in Japan.」

[助成金研究]

  • 幼児の音楽的感受性を伸ばす身体・言葉・図像表現を組み込んだ音楽表現活動の開発 平成26年文科省科学研究費助成金
  • 乳幼児と教育者の応答的な相互交渉を高める音楽低心理教育プログラムの開発と効果検証 平成30年文科省科学研究費助成金
  • 保育士養成課程改正後の教科目「保育表現技術」の捉え方と授業実践の現状及び教育の方向性に関する研究 平成26年全国大学音楽教育学会ブロック研究助成金
  • 幼児の発達を促す年齢に応じた手遊び・からだ遊びの検討-既存の手遊び・からだ遊び及び保育現場の意識に着目して- 平成30年全国大学音楽教育学会ブロック研究助成金
  • 文部科学研究助成研究(2019年~2022年研究)乳幼児と教育者の応答的な相互交渉を高める音楽低心理教育プログラムの開発と効果検証

[芸術発表]

  • 西日本テレビ「とことん土曜日」エンディングテーマ曲「きっと青空」作詞・作曲 毎週土曜日 2001年~2003年放送

[音楽指導]

  • 子どもの音楽指導、親子ふれあい遊び講師 香川短期大学付属幼稚園・のぞみ保育園・丸亀市立郡家幼稚園・丸亀市立飯山南幼稚園
  • 香川県認可保育園保育士研修講師、公立幼稚園教諭研修講師
  • 香川県保育所OJTアドバイザー派遣モデル事業講師
研究室 7階 7研究室

このページの先頭へ

氏名 小松 陽子(KOMATSU Yoko)
担当科目
  • 子どもの理解と援助
  • 保育・教育実践演習(幼稚園)
  • 保育実習指導I
  • 就職対策演習
  • 子ども学演習I・II・III
専門分野 子ども学 教育心理学
学位 博士(教育学)
主な所属学会等 日本教育心理学会、日本心理学会、日本発達心理学会
代表的な研究・活動業績

[著書]

  • 心理学のポイント・シリーズ『児童心理学』学文社 2009年 執筆担当:第3章「知的能力、認知機能の発達」問題10「知能」、問題11「個人差」

[論文]

  • 「努力観、自己効力感、内発的価値及び自己制御学習方略に対する有効性とコストの認知が自己制御学習方略の使用に及ぼす影響」日本教育工学会論文誌28巻2号 2004年
  • 「震災8年目を迎える宮城県におけるACT子育て講座による保護者支援活動について」宮城学院女子大学附属発達科学研究所 18巻 2018年(共著)
  • 「宮城県におけるACTすこやか子育て講座による保護者支援活動について」宮城学院女子大学附属発達科学研究所  19巻 2019年(共著)

[雑誌]

  • 「成熟した学習者をめざして5 〜望しい学習サイクルを育てる〜」『指導と評価』 図書文化 2018年9月

 

研究室 7階 8研究室

このページの先頭へ

氏名 田中 雅純(TANAKA Masazumi)
担当科目
  • 音楽
  • 音楽特別演習A
  • 音楽特別演習B
  • 保育・教職実践演習(幼稚園)
  • 子ども学演習I・II・III
専門分野 音楽(声楽)
学位 音楽学士
主な所属学会等 全国大学音楽教育学会、中・四国教育音楽学会
代表的な研究・活動業績

[芸術発表]

  • オペラ「ラ・ボエーム」「トスカ」「カルメン」「椿姫」 「パリアッチ」「カヴァレリア・ルスティカーナ」「ファルスタッフ」「こうもり」等に出演及び制作
  • MCO(丸亀シティフィルハーモニックオーケストラ) の理事、指揮者として、運営、指導及び演奏
  • 「田中雅純バリトンリサイタル」香川県民ホール 2010年 2011年 2012年
  • 四国二期会会員、同理事としてオペラ出演、制作など
  • かがわ第九実行委員として合唱団指導および企画制作
  • まるがめ第九実行委員として合唱団指導および企画制作
  • 丸亀ドイツ兵俘虜楽団の足跡を辿る会会員として音楽活動の企画制作および出演

[論文]

  • タブレット端末を用いた保育の効率化(共著) 香川短期大学紀要第43巻 2015年3月
  • コード伴奏指導の試み ーキーボード自動伴奏機能を使ってー 香川短期大学紀要第46巻 2018年2月
研究室 7階 10研究室

このページの先頭へ

氏名    林 美代 (HAYASHI  Miyo)
担当科目
  • 保育内容総論
  • 保育内容(環境と人間関係)
  • 保育内容(言葉と文化)
  • 教育実習Ⅰ
  • 教育実習Ⅱ
  • 保育・教育実践演習(幼稚園)
  • 子ども学演習I・II・III
専門分野  幼児教育
学位  博士(学校教育学)
主な所属学会等 日本道徳教育方法学会 日本生徒指導学会 日本保育学会
代表的な研究・活動業績

[著書]

  • 「幼児期と学童期をつなぐ道徳教育」『小学校における「特別の教科 道徳」の実践』北大路書房、2016年、分担執筆pp.161-170

[論文]

  • 「幼児期の道徳性の芽生えに関する研究―幼児期の話し合いによる「問題解決の実践モデル」の構築―」『道徳教育方法研究』13、2008年
  • 「幼児期の道徳性の芽生えに関する研究―共に育つ場の形成をめざして―」(博士論文)2010年
  • 「領域から教科への展開―「協働する経験」を中心に―」『香川短期大学紀要』46、2018年
  • 「幼稚園における栽培活動を通して育まれるもの」『香川短期大学紀要』47、2019年、(共著)
  • 「幼稚園3歳児における人間関係の広がり―保育者との信頼関係を築くにあたって―」『香川短期大学紀要』48、2020年、(共著)
研究室  7階 5研究室

↑このページの先頭へ

氏名 松下 由美子(MATSUSHITA Yumiko)
担当科目
  • 乳児保育Ⅰ
  • 乳児保育Ⅱ
  • 保育実習指導I
  • 保育実習I
  • 保育実習指導II(保育所)
  • 保育実習II(保育所)
  • 保育・教職実践演習(幼稚園)
  • 子ども学演習I・II・III
専門分野 保育学
学位 学術修士
主な所属学会等 日本保育学会、日本乳幼児教育学会、日本小児保健学会 他
代表的な研究・活動業績

[著書]

  • 保育・教育・施設実習(共著) 西日本法規出版

[論文]

  • 保育士養成における授業方法の改善に関する研究Ⅰ(共著)香川短期大学紀要 第46巻,2018.
  • 乳幼児を持つ母親の健康管理に関する研究(I)(共著) 日本小児保健学会 小児保健研究第58巻第1号
  • 幼児の心身の発達と生活習慣(共著) 日本小児科医会 日本小児科医会会報第31号 2006.
  • 保育士養成における授業方法の改善に関する研究Ⅱ 香川短期大学紀要第48巻,2020.
研究室 7階 16研究室

このページの先頭へ

氏名 織田 潤二(ODA Junji)
担当科目
  • 教養講座
専門分野  植物生態学、理科教育学、学校組織マネジメント
学位  修士(教育学)
主な所属学会等  日本生態学会、日本国際教養学会
代表的な研究・活動業績

[著書]

  • 香川県環境教育プログラム集 共著 2002年3月 エネルギー分野担当 香川県
  • 愛媛県東部山塊のカタクリについて 2016年8月 香川県高等学校理科教育研究会
  • ウミホタル及び香川の巨木について 2017年10月 香川県高等学校理科教育研究会

[論文等]

  • 四国剣山・石鎚山の冷温帯夏緑樹林の生態学的位置づけ〔含:学会発表〕 1982年9月
  • 生涯学習社会における学校経営の在り方 1998年2月 香川県教育センター研究紀要
  • 特色ある教育活動・学校づくりに関する研究 2002年2月 香川県教育センター研究紀要
  • 大滝山ブナ林の生態学的位置付けに関する考察「香川の生物」 2007年8月
研究室  7階 702研究室

このページの先頭へ

氏名 大久保 直幸(Okubo Naoyuki)
担当科目
  • 教育心理学
  • 情報リテラシー
  • 発達心理学
  • 子ども学演習I・II・III
専門分野 教授・学習心理学
学位 学士(理学)、修士(教育学)
主な所属学会等 日本教育心理学会、日本数学教育学会
代表的な研究・活動業績

[論文]

  • Web型ARSを活用したアクティブ・ラーニングの教育効果の検討 香川短期大学紀要第44巻 2016年3月(共著)
  • 精緻化方略の指導実践における指導効果の検討 香川短期大学紀要 第45巻 2017年3月
  • 香川短期大学におけるグローバル人材の育成に関する一考察 香川短期大学紀要 第47巻 2019年3月(共著)
  • 数概念の発達段階の構成及び数概念の発達を促進する保育者の関わりについての考察 香川短期大学紀要 第48巻 2020年3月
研究室 7階 15研究室

このページの先頭へ

氏名 宮地 和樹(MIYAJI Kazuki)
担当科目
  • 教育原論
  • 保育原理
  • 社会学
  • 英語Ⅰ
  • 就職対策演習
  • 子ども学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
専門分野 教育哲学・思想
学位 修士(教育学)
主な所属学会等 日本教育学会、教育哲学会、教育思想史学会
代表的な研究・活動業績

[著書]

  • 『いまがわかる教育原理』みらい、2018年(共著)
  • 『再訂版 保育原理の新基準』三恵社、2018年(共著)
  • 『博士になったらどう生きる?―78名が語るキャリアパス』(共著)勉誠出版、2017年

[論文]

  • 「幼児教育に対するリベラリズム的アプローチの検討―H. Brighouse & A. Swiftの『家族の価値』を中心に―」『香川短期大学紀要』No. 44、pp. 23-32、2016年(単著)
  • 「シティズンシップ教育における論争的問題の検討—目的・選択基準・方法・効果の観点から—」『東京大学大学院教育学研究科付属学校教育高度化センター 年報』、pp. 21-50、2013年(共著)
  • 「シティズンシップ教育における教化と教育の問題—現代イギリスにおけるモデル・カリキュラムに着目して—」『東京大学大学院教育学研究科付属学校教育高度化センター 年報』、pp. 25-54、2012年(共著)
  • 「カリキュラム・イノベーションにおける政治的シティズンシップ教育のための歴史・思想・実践的条件 — イギリスにおける経験を参照枠として—」『東京大学大学院教育学研究科付属学校教育高度化センター 年報』、pp. 51-80、2011年(共著)
  • 「新訳『正義論』を読む」『東京大学大学院教育学研究科教育学研究室紀要』 37号、pp. 101-107、2010年(共著)

[社会的活動]

  • 鳥取県「とっとり型の保育のあり方研究会」委員(2016年4月〜 2017年4月)
研究室 7階 11研究室

このページの先頭へ

氏名 六川 利康(ROKUKAWA Toshiyasu)
担当科目
  • 子どもの体育I・II
専門分野 保健体育
学位 文理学士
主な所属学会等 (財)日本バドミントン協会
代表的な研究・活動業績

[資格]

  • 日本バドミントン協会公認審判員
  • 日本体育協会スポーツ少年団認定員
  • 日本幼少年体育協会幼児体育指導員
  • 日本発育発達学会幼少年体育指導士
研究室 7階15研究室・1階入試センター

このページの先頭へ

Copyright © 香川短期大学 All Rights Reserved.