11月16日(土)に日本IBM株式会社からIBM Developer Advocates 西戸京子氏に本校へお越しいただき、情報ビジネスコース2年生を対象にIBMクラウドサービスを使用した講義および演習を実施いただきました。香川県ではIBM様の講義は初開催でした。

講義開始前に講師より参考パンフレットやIBM Cloudのロゴシールなどのプレゼントがありました。

 

IBM cloud サービスの概要

まず講義前半は、

  • 文字から音声を作るサービス
  • 執筆物から執筆者の性格診断
  • チャットのロボットを作成

等のサービスの紹介をしていただきました。

 

画像認識AIモデルを作成し、判定アプリを作成

後半の演習では、IBMのAIである watson を使った画像認識用のモデルを作成しました。その後Node-Redというビジュアルプログラミングツールを利用したプログラミング講座を実施。学生は真剣に取り組んでいました。

学生が作成した画像モデルで「ネコ」を判定するAIができました。