鹿児島県薩摩川内市に属する離島”甑島:こしきじま” に本社を置く、地域デザイン企業”island company(東シナ海の小さな島ブランド 株式会社)”へ、本学デザイン・アートコース2年生の島ひなのさん、亀井萌花さん、蜂須賀彩恵子さんがインターンシップ生として、8月と9月にそれぞれ一週間島内に滞在し学びました。食品開発、観光、宿泊、飲食店、イベント企画など、地域の課題を多方面からのアプローチで解決する方法を、社長をはじめスタッフから丁寧に教わり体験しました。実際に食品製造や観光業、宿泊施設運営などの業務に携わることで、授業内だけでは味わえない実践的な課題解決方法を学ぶことが出来ました。コロナ禍で現地滞在自体が危ぶまれたものの、感染対策の徹底と、柔軟な受け入れ態勢が構築されていたことにより実現しました。学生にとって、地域の問題解決を担っていく人材としての基礎を身につける貴重な体験となりました。
本学とisland companyとのインターンシッププログラムは、次年度も継続して実施する予定です。