経営情報科デザイン・アートコースの濱野暢子教授の作品が、今年度は「コラージュ」をテーマとしたスロベニアのクラン国際美術展で入賞されました。
ヨーロッパやアジア、アメリカなどの25ヵ国から100人の作家が300点を出品し、濱野教授は入賞の一つである、ハイクオリティ賞に選ばれました。本美術展での日本人唯一の受賞者です。
この度受賞された作品は、玉藻公園披雲閣の写真をベースに、宇宙を漂う微細な物質の画像を融合させたものだと教えて頂きました。
濱野教授の作品を含め、本美術展は2020年9月28日から2020年11月3日まで開催され、盛況のうちに終了しました。