今年度の「2020大学案内」がもうすぐできあがります。
この大学案内の冊子ですが、実は1年近くかけて、内容を企画し撮影をしています。
子ども学科においても、モデルをしてくれる学生のみなさんに協力をいただいたり、主にどの科目を紹介したらいいのかを協議したり・・・などと、高校生の皆さんに短大生活をイメージしてもらいやすいように考えてきました。

今回ご紹介するのは、その撮影風景の一コマです。昨年9月に附属幼稚園で行った活動を、カメラマンの方に撮影していただいている様子です。
子どもたちが参加しての撮影でしたので、カメラマンの方が子どもたちと馴染むように遊んで下さる場面もありました。
和んだ雰囲気の中で、学生の皆さんの活動を、カメラマンの方が撮影していきました。

附属幼稚園には、普段の授業の中でも学生が大変お世話になっています。
実践的に学ぶためには、学生にとって子どもたちと触れ合うことが欠かせません。
大学案内を手にしていただいた皆様には、今回のような子どもたちの前で行った活動と共に、撮影という非日常の学生の体験の様子を、ブログの写真で垣間見ていただければうれしいです。
カメラマンの方には、撮影時に、ブログ掲載について、快くご了解いただきました。お礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影の様子をカメラマンの方を含めて撮ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

今回は、大学案内とDVDの撮影もありましたので、カメラもいつもより大がかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和気藹々とした雰囲気で撮影が進みました。

<担当 北濱>