LINEで送る

           広がる未来への選択肢~技術体験に興味津々

香川短期大学生活介護福祉専攻はこのほど、「新たな一歩を福祉から」をテーマに社会人を対象にした学校案内会を開催しました。

フットバスを体験する参加者

フットバスを体験する参加者

 高齢化社会が進展する中、介護に関するニーズは年ごとに高まっています。今回の案内会は、介護福祉士や社会福祉士を目指している社会人の方々に介護に関する知識や仕事の幅を広げてもらおうと、資格取得の方法や介護技術を理解していただくため開催しました。

案内会では、最初に生活介護福祉専攻の授業内容などを紹介。パソコン室や介護ベッドなどが完備している実習室を見学したあと、フットバスやハンドケアなどの介護技術を実際に体験して介護福祉士への夢を広げていただきました。

介護技術体験後は、社会人生活を経て入学している在校生との懇談会がありました。参加した皆さんからは「介護技術の体験など通じ、一段と介護福祉士への夢が広がりました」「将来的に介護福祉士として地域社会のお役に立ちたいと強く思うようになりました」などの声が寄せられました。

 

  .