LINEで送る

10月11日(火)に香川県シェイクアウトと平成28年度避難・消火訓練及び通報訓練を実施しました。

シェイクアウトでは、安全行動1-2-3といわれる動作を実際に行い、地震等の災害時には速やかに安全な行動ができるように意識を高めました。

また、避難・消火訓練及び通報訓練では、安全かつ迅速な避難の行動と適格な初期消火の方法を確認しました。
避難後に、宇多津町危機管理課の車谷豊文危機管理監から講評をいただき、海溝型地震の特徴や行動指針及び消火器の特性や効果的な取り扱い方法など、大切な学びの場となりました。

今回の訓練を通じて、もしも災害が発生したら、どのように自分の安全を確保して、どのように周りの人の手助けができるかについて再認識しました。

※安全行動1-2-3とは、①揺れに倒される前に姿勢を低く!(DROP!)、②手や腕で頭や首を守って!(COVER!)、③揺れが収まるまでじっとして!(HOLD ON!) の事です。