LINEで送る

子どもたちと笑顔で交流も

宇多津北小学校の「レッツゴースクールデー」が11月1日(日)に開催され、香川短期大学の介護福祉専攻2年生と専攻科の学生たちがゲストティーチャーとして参加しました!

福祉用具を説明してます

福祉用具を説明してます

点字、手話、福祉用具、障害者スポーツの4つのテーマについて体験を通して福祉や介護について小学生に学んでいただくという内容でした。学生たちは朝、小学校に到着し準備を進めるなかで「今日は先生って呼ばれるの?」「一人で先生できるかな?」「みんな聞いてくれるかな」と不安そう・・・。

教室に入ると、小学生たちはきらきらと輝く眼差しで「先生これってどうやって使うん?」「点字うてたよ~」「障がい者ってすごいなあ」と素直な感想と元気いっぱいの発言があちらこちらから響きました。小学生パワーのおかげで学生たちも笑顔で授業を進めることができました。

点字に挑戦、真剣です

点字に挑戦、真剣です

このような体験を通して、一人ひとりの子どもたちが「誰もがあたりまえの生活の実現」に向けて。みんなで支えあう地域づくりを自然に身につけてくれたらなあと思いました。

 

 

 

 

障害者スポーツについて紹介、子どもたちはさまざまな競技があること学びました

障害者スポーツについて紹介、子どもたちはさまざまな競技があること学びました

 

 

 

 

 

 

子どもたちが福祉用具体験。「わあ大きく聞こえる」

子どもたちが福祉用具体験。「わあ大きく聞こえる」