LINEで送る

 

生活文化学科食物栄養専攻2年生が平成25年6月24日(月)から2週間にわたって実施した校外実習の報告会が、7月29日(月)に本学2階講義室で開催され、食物栄養専攻の1、2年生が参加しました。プログラムは次の通りです。

13:10~ 開会の言葉

13:15~ 各施設の報告(39施設)

16:00~ 1年生からの言葉

16:05~ 講評

平成25年度校外実習報告会

開会の言葉で2年生を労い、1年生を鼓舞する山西学科長

最初に山西学科長から開会の言葉がありました。2年生に対しては「校外実習で学んだことを生かし、残り半年の学生生活を悔いのないように過ごして欲しい」と労いの言葉を贈りました。また、1年生には「報告会を来年度の校外実習の糧にし、これからに向け知識を身につけて欲しい」と話されました。

その後、学校関係の実習先を皮切りに、病院・福祉施設と計39施設の報告を行いました。実習内容や反省点、改善点、1年生へのアドバイス等について、どの学生も実習で得たことを上手にまとめていました。校外実習で多くのことを学べたようです。

平成25年度校外実習報告会

実習先ごとに報告を行いました。みんな熱心に聞いています

1年生からの言葉は、代表の綾井さんからありました。「初めての現場で苦労することもあったと思いますが、楽しかったとの感想をお聞きし、来年度の校外実習では、2年生のように笑顔で帰って来られるよう、きょうの報告会を十分に参考にしたい」と2年生へお礼の言葉を述べました。

最後に次田先生から講評がありました。1年生には「初めて聞く言葉もあり不安かもしれないが、校外実習に向け勉強にしっかり励んでほしい」、2年生には「反省や今後に備えての報告を、残り少ない学生生活にも生かし、卒業後は社会人として活躍してほしい」と話されました。

平成25年度校外実習報告会

1年生の代表者が報告会の感想と、2年生へお礼の言葉を述べました

2年生は校外実習の反省や学んだことを今後に生かし、1年生は報告会の話を参考に来年度の校外実習に役立てて欲しいと思います。