LINEで送る

平成25年度「弁当の日」取り組みのご紹介

平成25年度「弁当の日」

趣向を凝らしたお弁当が並びました

生活文化学科食物栄養専攻では、平成22年度後期からクラスアワーの時間や昼休みを利用して毎月1回「弁当の日」を実施しています。詳しくは、生活文化学科ブログ“「弁当の日」取り組み報告”(2010年12月28日投稿)および“平成24年度「弁当の日」取り組み報告”(2012年6月22日投稿)、“平成24年度「弁当の日」の取り組み~食育講演会および「弁当の日」コンテスト~”(2013 年 3 月 11 日投稿)をご覧ください。

昨年度「弁当の日」は、野菜の摂取量増加を目指し、「香川県産の野菜を使った弁当」をテーマとしました。

今年度のテーマは「かみかみ弁当」で、四国新聞(平成25年6月18日付)でも紹介されました。http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/education/20130618000157

現在、「歯の健康」は国民の保健上から大きな課題となっています。食べ物をよく「噛むこと」は健康と密接なつながりを持っており、歯周病やガンなどの生活習慣病を防いだり、「ゆっくりとよく噛むこと」で肥満予防効果も期待できます。

そこで、今年度は、「歯の健康」を考えた「かみかみ弁当」をテーマに、1口で30回以上噛む献立を最低1品は入れた弁当を作ることにしました。野菜の工夫した食べ方を考え、「噛む」献立を美味しく手軽に提供できることを目標にして取り組んでいます。

実施日は、第1回:4月30日(火)、第2回:5月20日(月)、第3回:6月17日(月)、第4回:7月18日(木)でした。毎回、たくさんの学生が参加し、様々に工夫を凝らした「かみかみ弁当」が登場しました。

その中から、前期最後の実施日となった第4回のお弁当をご紹介します。

平成25年度「弁当の日」

<2年生の作品>
ごぼうや砂肝のから揚げ、豆の天ぷら・・・しっかりかんで食べます

平成25年度「弁当の日」

<1年生の作品>
トマトのカップにポテトサラダを詰めました

平成25年度「弁当の日」

<2年生の作品>
季節の野菜がたっぷり詰め込まれています

平成25年度「弁当の日」

<1年生の作品>
大きなギョウザの中には、こんにゃくやれんこんが入っているんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年生も2年生も自分たちの考えたお弁当を美味しそうに食べていました。

平成25年度「弁当の日」

仲良く美味しそうにお弁当タイム。

 

次回は10月頃を予定しています。

来月はいよいよ夏休みです。夏休み中に色々な「かみかみ」献立を考えて、10月からの「弁当の日」を盛り上げてくれることを期待しています。

 

 

 

  .