LINEで送る

丸亀市議会と保育に関する意見交換会を実施

11月19日(月)18時から19時30分
丸亀市レクザムBP丸亀 会議室1・2

本学から子ども学科第Ⅰ部・第Ⅲ部の学生13名が参加。他参加者は、四国学院学生、丸亀市内の幼稚園、保育所関係者、丸亀市役所職員等でした。
最初に議会から丸亀市が取り組んでいる議会報告がありました。保育に関する意見交換では、本学学生から保育に関して以下の意見と質問をいたしました。

①男性保育士の人数と仕事について、本学の卒業生(丸亀市立子ども園勤務)が人数と仕事内容について答えました。
②私立の保育所、幼稚園の産休・育休後の復帰は、公立に比べて復帰しにくいように思うのですがいかがでしょうか。
③住宅手当等の手当について、公立の保育所、幼稚園と私立が同じようにならないと給料の面で差が出ると思いますがいかがでしょうか。
④保育士不足のため人数確保が重要しされていますが、保育士の質の向上はどのように考えていますか。
⑤今年、本学と丸亀市との間で包括協定を結びました。今まで同様に実習先としてお世話になっていますが今後はどのような内容が企画されますか。

などの質問や意見が出され、現状説明や今後取り組むべき内容など具体的な意見交換が行われました。
最後に今年度から導入される丸亀市保育士就職準備貸付制度について説明を受けました。

丸亀市議会意見交換会