LINEで送る

12月27日(水)、香川短期大学生活文化学科食物栄養専攻2年生37名と教員4名が三木町にある広野牧場に「食品加工学実習」の一環として、研修に行きました。この研修は、香川県内の牧場を見学し、香川県の産業について理解を深め、そこでとれた牛乳を加工したチーズ作り、ピッツア作りを体験し、乳製品の加工原理、加工方法、またそれをつかった調理を学ぶことを目的としています。広野牧場では代表取締役の広野正則氏より、乳製品の加工方法、牛乳の処理方法などの話を伺った後、実際に体験実習を行いました。

体験後は試食し、今回の体験で使用した牛乳やパン酵母などの話をしていただきました。学生から、「発酵に用いた菌は何か?」、「乳清(ホエー)はどんな料理に利用できるか?」など、多くの質問が出され、有意義な研修になりました。

詳細は本学の学科ブログに掲載しておりますので、是非そちらもご覧ください。⇒ 生活文化学科ブログ

できたカードを伸ばしてストリングチーズを作っています

できたカードを伸ばしてストリングチーズを作っています

個性豊かなピッツアが出来上がりました

個性豊かなピッツアが出来上がりました