LINEで送る

12月12日(火)「応用調理実習」の授業の一環として、食物栄養専攻2年生51名が宇多津のセント・カテリーナにおいて、西洋料理のテーブルマナー講習をうけました。この講習会はテーブルマナー専門のスタッフ指導のもと、実際に西洋料理のフルコースを食べながらテーブルマナーを学ぶもので、毎年行っています。

当日の献立は、前菜:イタリア産生ハムとモッツァレラチーズのサラダ仕立て、スープ:茸のスープ、魚料理:舌平目のグラタン アスパラガスと小エビ添え、肉料理:牛フィレ肉のポワレ ポルト酒ソース、デザート:苺タルトと季節のフルーツバニラアイス添え、パン、コーヒーでした。

参加した学生は目の前に並ぶたくさんのフォークやナイフに戸惑いながらも、スタッフの丁寧な指導のおかげで、楽しく話をしながら、フレンチスタイルのテーブルマナーについて学びました。初めてフルコースを体験した学生も多く、「緊張したが、丁寧な説明でとても楽しかった」、「料理の盛り付けがとてもきれいでおいしかった」などと話してくれました。これからも正しいマナーを身につけていきたいです。

 

メニューとテーブルセッティング

メニューとテーブルセッティング

メインの魚料理 舌平目のグラタン アスパラガスと小海老添え

メインの魚料理
舌平目のグラタン アスパラガスと小海老添え

マナーについてしっかり学び、おいしくいただきました!!

マナーについてしっかり学び、おいしくいただきました!!

最後に記念撮影をしました

最後に記念撮影をしました