LINEで送る

11月4日(土)、5日(日)の2日間、香川短期大学・イオンタウン宇多津周辺で毎年行われている、宇多津町まちづくり課主催の「2017宇多津秋の大収穫祭」が開催されました。両日で300人余りが来場し、大盛況でした。今年も本学生活文化学科食物栄養専攻の教員がこのイベントに参加し、香川県栄養士会が出展する健康ブースで来場者を対象に骨密度測定や血管年齢(血流検査)測定による栄養指導を行いました。

足の踵骨(かかとの骨)に超音波をあて、骨内に伝わる速度によって骨密度測定をしています

骨密度測定をしています

骨密度測定は、足の踵骨(かかとの骨)に超音波をあて、それが骨内に伝わる速度を測る超音波骨密度測定装置を使い、約10秒で測定できます。

また、人差し指の血流を測ることで、血管の状態を簡易に測定できる血管年齢検査機器で血管年齢(血流検査)測定を行いました。

このような機会を通して、地域の短期大学として地域の方々の健康増進に少しでも役立てるように協力していきたいと思います。