LINEで送る

7月29日(土)に香川短期大学で第18回うたづ元気っこクラブが開催されました。
この「うたづ元気っこクラブ」は、宇多津町が「よい生活習慣を子どもの時代から身に付ける」ことを目標に実施しているもので、昨年に続き、今年も本学を会場として実施しました。

保護者と児童・生徒あわせて29名を対象に、宇多津町教育委員会、宇多津北小学校長をはじめとする栄養教諭や養護教諭の先生方、本学食物栄養専攻教職員4名が協力して行いました。

開会式では宇多津北小学校校長 宮野真也先生の話に続き、本学生活文化学科 山西重機学科長から、「香川短期大学は地域の食育活動の場として、宇多津町の子どもたちがすくすくと大きくなってくれることを応援しています」という挨拶がありました。

開会式の後、児童は「小児生活習慣病について」、保護者は「和食から学ぼう賢い食生活」の講義にそれぞれ参加しました。

その後、親子合同での調理実習、本学村川みなみ講師指導のもと「みんなで楽しく選んで食べよう!!」を行いました。
メニューは「野菜たっぷり ぶっかけそうめん」と「夏野菜ミックスジュース」でした。材料は盛りだくさんだけれど、とても簡単にできる調理で、参加者全員が楽しく取り組んでいました。

参加者からは、「楽しかった」「今回の体験をこれからの生活に活かしたい」などの声があり、とても充実した時間となりました。

山西学科長が開会式で挨拶_____________。

山西学科長が開会式で挨拶____________

養護教諭の先生方の「小児生活習慣病について」の講義

養護教諭の先生方の「小児生活習慣病について」の講義

次田教授の「和食から学ぼう賢い食生活」の講____

次田教授の「和食から学ぼう賢い食生活」の講義____

村川講師から本日の調理実習についての説明

村川講師から本日の調理実習についての説明

調理実習の様子

調理実習の様子

できあがった各班の「野菜たっぷりぶっかけそうめん」

できあがった各班の「野菜たっぷりぶっかけそうめん」