LINEで送る

7月12日(日)開催のオープンキャンパスで、食物栄養専攻の2年生が新たな取り組みを行いました。

食物栄養専攻ではオープンキャンパスで毎回、2年生がスタッフとして手伝いをしています。今回は、校外実習を終えたばかりということで、実習先で行った栄養指導の発表を高校生に披露しました。校外実習では各施設先で栄養指導や食育指導を学生が行う機会を設けていただいています。この日のオープンキャンパスでは2人の学生が発表しました。

発表テーマは「水分について」です。水分摂取や排出に関することのほか、水分摂取のタイミング、水ダイエットなどさまざまな観点から分かりやすく説明しました。

発表した学生は、緊張しながらも工夫された仕掛け付きの媒体をうまく使い、高校生の関心を集めていました。高校生も、自分自身の水分の排出量を計算して一緒に参加していました。

次回のオープンキャンパスでは、パネルシアターを使った食育指導を予定しています。

手伝いスタッフ

今回、スタッフとして手伝いをした学生たちです。

手作りの工夫を凝らした媒体で発表

手作りの工夫を凝らした媒体で発表をしています。

発表風景

高校生も水分の役割について熱心に聞いています。