LINEで送る

本格的フルコースでおもてなし

応用調理実習の総仕上げとして1月28日(火)に学内の先生方をご招待し、「おもてなし会」を開催しました。2年生にとって短大最後の調理実習、2年間の集大成として心を込めて先生方を“お・も・て・な・し”しました。

これまで習ってきたことを生かし、先生方に食べて頂くメニューを考えることはもちろん、全体の流れ、司会進行や会場のセッティング、テーブルコーディネートなど役割分担し学生たちが一から考え、準備しました。

食事は昨年と同様、できたてを温かいうちに食べていただきたいという思いから今年も前菜・スープ・主菜といったコース料理形式で行いました。

会場は華やかなお花を飾り、BGMもかけ、食事を楽しめる雰囲気をつくりました。

 

H25応用調理実習おもてなし会

本格的フルコースです。

 

 

 

 

 

 

今回のメニューは、

<前菜>海老ときのこのインサラータ、かぼちゃとチーズのブルスケッタ

<スープ>コンソメスープ

<主菜>鶏もも肉のグリル ~赤ワインと粒マスタードのソース~

<主食>リゾット

<デザート>盛り合わせ三種                                           ガトーショコラ、フルーツ、アイス

<ドリンク>コーヒー、紅茶、ほうじ茶

<お土産>フルーツ大福

開会に先立って大久保直明理事長、石川浩学長からお言葉をいただきました。

H25応用調理実習おもてなし会

理事長 大久保直明先生にご挨拶をいただきました。

 

 

 

 

 

 

続いて、司会が今回のコースメニューの紹介をし、それと同時に先生方にテーブルマナーに気を付け1品ずつ丁寧に料理を運びました。

H25応用調理実習おもてなし会
調理を担当した学生たちが料理の説明をしました。

 

 

 

 

 

 

前菜・スープ・主菜と順番に先生方の様子を伺いながら次々に料理を運び、その都度調理を担当した学生たちが料理の説明をしました。

H25応用調理実習おもてなし会

常務理事 大久保三加津先生から講評をいただきました。

 

 

 

 

 

 

H25応用調理実習おもてなし会

石川浩学長から温かいお言葉をいただきました。

 

 

 

 

 

 

喫食後、常務理事の大久保三加津先生、さらに大久保理事長、石川学長からも温かなお言葉をいただき、閉会となりました。料理だけでなく、学生の対応にも好評をいただきました。

緊張や不安もあったと思いますが、それぞれが自分の役割を一生懸命こなし、心のこもった最高の“お・も・て・な・し”ができました。

これからそれぞれ違った道に進んでいきますが、おもてなしの心、そして今回の成果を忘れずにさらなる飛躍を期待しています。