LINEで送る

特産品の販路拡大へスクラム!

「地産地消の健康ライフ」をテーマに、香川短期大学が取り組んでいる産官学連携事業の新製品発表会が3月23日、宇多津町内のホテルで開かれました。新製品発表会は今回が2度目。出席者の方々に脂イワシや冷凍かき揚げの旨みを生かした約25品を試食していただきました。

新製品発表会は、本学と(公財)かがわ産業支援財団の主催、地元の共栄冷凍水産㈱と㈱細川食品の共催で行われました。報道関係者のほか、流通や漁協、飲食店関係者ら約80人が出席しました。新製品の開発報告では、両社代表者が取り組みの経緯を紹介したあと、本学教員がレシピ開発や販路拡大に向けて取り組んだフライヤーやパッケージ、ホームページ制作のポイントなどを説明しました。

この日の試食用料理は、会場となったホテルの料理長にご協力をいただきました。小海老のかき揚げのグリーンソースかけやイワシ餃子の香味酢かけ、イリコと県産ブロッコリーのかき揚げ、上品な味わいのオイルサーディン握り、三豊茄子のサラダ風かき揚げなど地元の素材をフルに生かした料理の数々が披露されました。また、かき揚げと脂イワシがメーンの会席膳も出席者の注目を集めていました。

連携事業への取り組みの経緯は企業代表者が紹介しました

連携事業への取り組みの経緯は企業代表者が紹介しました

販路拡大に向けて制作したフライヤーやパッケージについて紹介する本学教員

制作したフライヤーやパッケージを紹介する本学教員

試食で味や見栄えを確かめる出席者のみなさん

試食で味や見栄えを確かめる出席者のみなさん

ホテル料理長のアイディアいっぱいの「脂イワシと冷凍から揚げの会席膳」

ホテル料理長のアイディアいっぱいの「脂イワシと冷凍から揚げの会席膳」