LINEで送る

生活文化専攻の学生たちが「おもてなし」

日ごろお世話になっている地域の方たちを招待した「平成27年度初茶会」が1月26日、本学渚荘で催されました。おもてなしをしたのは、生活文化学科生活文化専攻の学生たち13人。亭主から半東、お点前、お運びまで、日ごろの学習成果を存分に発揮して大役を務めました。

お茶会は、授業で茶道を学んでいる学生たちの晴れ舞台です。この日は、谷川俊博宇多津町長ら招待客約30人のほか本学の石川浩学長ら職員たちが、学生たちの心のこもったおもてなしで初春の一服を楽しみました。

一席では、学生たちのおもてなしを受けた参会者のみなさんが茶席での思いを句にしたためて披露。茶会に華を添えました。谷川町長の句をご紹介します。

     初釜や 未来図描く 伸の年    としひろ

お点前を披露する学生

お点前を披露する学生

心をこめておもてなしをする学生たち

心をこめておもてなしをする学生たち

初春らしい招待客の句が茶席に華を添えました

初春らしい招待客の句が茶席に華を添えました