LINEで送る

ステージショーやイベント運営に大活躍

「2015歩天UTAZU秋の大収穫祭」が21日、香川短期大学前の桜通りを会場に開幕。家族連れなど多くの人出でにぎわいました。宇多津の秋の一大イベントとあって、本学も共催団体として学生たちがステージショーや運営ボランティアとしてイベントの盛り上げにひと役買いました。

ステージショーには、本学子ども学科体育ゼミの学生約30人が出演しました。手遊びや「結んで開いて」など小さな子どもたちも知っている歌を歌ったり、楽しい踊りを笑顔いっぱいに披露。学生たち手づくりの風船アートを子どもたちにプレゼントしました。

本学学生駐車場で行われた高校生による「書道パフォーマンス」には経営情報科、生活文化学科を中心に学生たちがボランティアとして参加。高校生たちの懸命のパフォーマンスをサポートしていました。

イベントは22日も開催されます。香川短期大学講堂ホールでは「第1回UTACOS コスプレファッションショー」「ANISONG ICHIBAN!」が開催されるほか、駐車場には動く車の大展示会や映画「パトレイバー首都決戦」に登場した警察用ロボット「イングラム」のデッキアップイベントなどが予定されています。

楽しい踊りを笑顔いっぱいに踊る学生たち

楽しい踊りを笑顔いっぱいに踊る学生たち

学生たちが作った犬や猫の風船アートを子どもたちにプレゼントしました

学生たちが作った犬や猫の風船アートを子どもたちにプレゼントしました

迫力満点の書道パフォーマンスもイベントに華を添えました

迫力満点の書道パフォーマンスもイベントに華を添えました