LINEで送る

生活文化学科の学生がお点前披露

生活文化学科生活文化専攻の学生たちがお点前を披露する新春恒例の「初茶会」が1月14日(水)、香川短期大学渚荘で開催されました。

お運びも緊張感いっぱい!

お運びも緊張感いっぱい!

初茶会には、谷川宇多津町長や各種団体代表者ら招待客のほか本学職員など約50人が出席。亭主からお点前、お運びなどすべて学生たちが担当しました。ちょっぴり緊張気味の学生たちでしたが、それでも、おもてなしの心を大切に、授業で習った成果を招待客に披露。日本の伝統文化の奥深さを再認識していました。

この日、参会者に振る舞われた和菓子は、ことしも食物栄養専攻の学生たちが制作しました。初春にふさわしく、白い饅頭に赤い練り物を施した「えくぼ」。上品な味わいが、茶席に華を添えていました。

 

町内各種団体の方々もお招きしました

町内各種団体の方々もお招きしました

この日の様子は、1月15日付四国新聞のほか、地元ケーブルテレビ局香川テレビ放送網(KBN)のニュース番組でも紹介されました。

 

 

 

 

 

振る舞われた抹茶と学生手づくりの和菓子

振る舞われた抹茶と学生手づくりの和菓子