LINEで送る

keiei-ootukabijutukanbanner

11月29日(土)に、留学生日本文化体験プログラムで徳島県に行ってきました。
「大塚国際美術館」で世界の西洋名画を、「阿波十郎兵衛屋敷」で人形浄瑠璃を鑑賞しました。藍染の体験もでき、芸術・文化の秋にふさわしい、充実した一日を過ごすことができました。
徳島県に入ってすぐ、四国八十八か所第1番札所「霊山寺(りょうぜんじ)」でお参りをしました。境内は、紅葉が美しく、立派な鯉が泳ぐ池に風情を感じました。
dscn0467.jpg

dscn0457.jpg

dscn0463.jpg

「大塚美術館」
1,000点もの原寸大の西洋名画は、想像以上の迫力と美しさでした。
入館してすぐの「システィーナ礼拝堂」。あまりの美しさに、思わず歓声が上がりました。
古代からルネサンス、バロック、現代まで、それぞれの時代を感じることができました。
dscn0503.jpg

dscn0476.jpg


dscn0489.jpg

重要無形民俗文化財「阿波人形浄瑠璃」
演目「傾城阿波鳴門(けいせいあわのなると)」を鑑賞しました。大夫、三味線、人形で表現する、日本の伝統的な世界を堪能しました。

dscn0506.jpg

dscn0513.jpg

「藍の館」藍染体験
藍汁を使った藍染を体験しました。染めてみたい染めのパターンを10個の中から選びます。指導員の方に教わりながら、20分程度でオリジナルハンカチが完成しました。思った以上に綺麗な仕上がりに皆大満足でした。

dscn0518.jpg

dscn0526.jpg

dscn0520.jpg

<門田>