LINEで送る

福祉ゼミでは月に1回、宇多津町が実施している、地域子育て支援拠点事業「はぐはぐランドうたづ」に参加している子どもたちや保護者の方と交流したり、学生たちが考えた遊びを披露しています。
「はぐはぐランドうたづ」は、主に0歳~3歳の乳幼児をもつ親とその子どもが気軽に集い、うち解けた雰囲気の中で語り合ったり交流したりする『子育て家庭の居場所』です。
そのような場に参加させていただく中で、ゼミ生は、自分たちが住む地域で安心して子育て・子育ちができる環境や支援の実際について体感しているようです。

 

kitagawa01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年度は5人の学生が新たに仲間入りし、計9人で活動しています。
「はぐはぐランドうたづ」に持っていくおもちゃや何を発表するかを相談しながら準備。
紙芝居や手遊びなど授業で習ったことを思いだしながら、また実際にやってみながら学生たちが決めていきます。

おもちゃは、紙コップや牛乳パックなど自分たちの家から持ってきて作っています。

kitagawa02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、本学の遊戯室の壁面も作成しました。こちらは作成している途中の様子。

kitagawa03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年くらいかかるかな?と予想していましたが、3ヶ月もかからないうちに完成してしまいました!
みんなとても器用でびっくりです。

kitagawa04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは7月のオープンキャンパスの様子です。福祉ゼミ総出で、飛び出す絵本づくりをしました。

kitagawa05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kitagawa06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事前に特大版の飛び出す絵本を見本として作りました。高校生の皆さんも見本を参考に、思い思いにオリジナルの絵本を作っていました。

 

10月の大学祭では、本学の遊戯室にて「おもちゃランド」を開催します!こちらは去年の様子です。

kitagawa08

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kitagawa07

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も親子でゆっくりくつろげるスペースを作っていきたいと思っていますので、ぜひ足をお運びください!

<担当 北川>