LINEで送る

留学生に日本文化を体験してもらう研修として、11月29日(日)に高知県を訪ねました。
高知市には、高速道路で1時間30分程度で到着。まだ朝でしたが、全国的にも有名なかつおのたたきが味わえる「ひろめ市場」へ向かいました。午前10時前にもかかわらず、多くのお客さんでにぎわっていました。留学生すべてにかつおのたたきを体験してもらいましたが、生魚が苦手な学生もいて日本の食文化の固有性を認識したようでした。
ひろめ市場近くの通りでは、恒例の日曜市が開催されていて多くの店を見て回りました。ここでは、採れたての新鮮な野菜や自家製漬け物、刃物や陶芸、飾り物など多種多様な商品を扱う店が軒を並べ、スーパーやデパートでは味わえない高濃度の日本文化を体験しました。
そのあと、高知市に隣接する吾川郡いの町にある紙の博物館を訪問。博物館スタッフに丁寧に教えて頂きながら、伝統的な和紙の紙すき体験をし、ポストカードを制作しました。もともとは中国で生まれた紙文化が日本へ渡り、日本特有の文化として継承されてきました。紙すきはスピードが重要で素早くパルプを型枠にすくい出し、素早く水切りを行います。水を吸ったパルプは思いのほか重たく、作業に慣れるまで難しく感じましたがハンドメイドの楽しさに夢中になりました。
最後に南国市廿枝の西島園芸団地を訪れ、ハウス栽培を見学しました。この日は冬のような寒い気候でしたが、ハウス内は大変温かく、スイカやメロンがすくすくと育っていました。そのあと、ハウス内で栽培されたスイカとメロンの試食を行い、季節外れの美味しい果物に舌鼓。こちらも貴重な体験となりました。
香川県では体験出来ないような貴重な研修内容でした。留学生はもちろん、同行した日本人教員にとっても大変有意義な一日となりました。

今井将紀

ひろめ市場にて

ひろめ市場にて

ひろめ市場にて(2)

ひろめ市場にて(2)

日曜市にて

日曜市にて

紙の博物館前にて

紙の博物館前にて

紙すき体験(4)

紙すき体験(1)

紙すき体験(3)

紙すき体験(2)

紙すき体験(1)

紙すき体験(3)

季節外れの試食会

季節外れの試食会

西島園芸団地スイカ

西島園芸団地のスイカ