四国の香川県宇多津町にある香川短期大学のホームページです。新着・イベント情報や大学紹介、学科紹介、就職・進学状況、入試情報などを掲載しています。

学長からのメッセージ

『あなたの”夢の実現”を応援します。』 学長 石川 浩

President.s恋人の聖地「うたづ臨海公園」のほとりに立つ白亜の学舎、 それが香川短期大学です。 教室の窓からは雄大な瀬戸大橋や美しい瀬戸内海の島々を眼下に一望できます。

平成29年に創立50周年を迎えた本学は、昭和42(1967)年に開学。 時代の変化を見据えて、 現在は、「生活文化学科(生活文化、食物栄養及び生活介護福祉の3専攻)」  「子ども学科第 I 部」  「子ども学科第 III 部」  及び「経営情報科」  という構成で、社会から嘱望される人材の養成を行っています。

本学の就職率は、20年連続100%を達成という素晴らしい実績を有しています。これは人間力をつける豊かな教養教育に加えて各学科特有のきめ細かな少人数専門教育により、実社会で役立ついろいろな資格や免許を在学中に取得できるように万全の体制を整えてきた結果と言えます。4年制大学への編入学の道も広く開かれており、多くの編入学生を送り出しています。また、特待生制度、入学金免除制度、社会人や外国人入学生への学費等の減免制度、学費分納制度や下宿学生家賃補助制度を設けるなど、みなさんが学びやすい環境を整えています。

短期大学の第三者評価が始まった平成17年度にはいち早くこれを受審し、また、法律の規定どおり7年後の平成24年度には第2回目を受審し、いずれも国の定めた設置基準を満たした優れた短大であるとのお墨付きをいただいております。

明日を担う若者のみなさん、かけがえのないみなさんの青春時代を本学で活き活きと過ごしませんか。 みなさんが、地域に、日本に、そして世界に、大きく羽ばたいていただけるよう、 全教職員が一丸となってみなさんの未来を応援することをお約束します。

プロフィール

1964年 京都大学部工学部卒業
1966年 同大学院工学研究科(機械工学専攻)修了
1969年 京都大学工学部助手
1973年~1974年・1977年~1979年 米国コロンビア大学客員研究員
1982年 香川大学経済学部助教授
1987年 同教授に昇任すると共に、同大学における工学部創設に邁進
1996年 香川大学工科系学部創設準備室長・教授
1997年 香川大学工学部創設準備室長・教授
同年10月 工学部創設に伴い、初代工学部長・教授に就任し、工学部の完成・発展、
大学院工学研究科の創設を陣頭指揮
2002年 香川大学大学院工学研究科修士課程創設、初代工学研究科長
2004年 法人化に伴い国立大学法人香川大学に大学院工学研究科博士課程を創設
2005年 定年退職し、同大名誉教授
2006年 香川短期大学学長、現在に至る。

この間、第4回構造安全性・信頼性国際会議(ICOSSAR’85/1985年、神戸)実行委員長、 第1回環太平洋構造信頼性国際シンポジウム(APSSRA95/1995年、東京)組織委員長、 IEEE知能ロボット・システム国際会議(IROS2000/2000年、高松)組織委員長などを歴任し、 安全性・信頼性に関する多くの国内外の会議・シンポジウム等を主導。

Copyright © 香川短期大学 All Rights Reserved.