四国の香川県宇多津町にある香川短期大学のホームページです。新着・イベント情報や大学紹介、学科紹介、就職・進学状況、入試情報などを掲載しています。

沿革

学園の歴史

内容
1884年(明治17年) 忠誠塾創立
1887年(明治20年) 京都に尽誠舎開塾
1899年(明治32年) 尽誠舎を善通寺に移転
1910年(明治43年) 尽誠中学校と改称
1948年(昭和23年) 新学制により尽誠学園高等学校と改称、尽誠中学校を併設
1967年(昭和42年) 香川短期大学開学
1969年(昭和44年) 香川高等看護学校開校
1989年(平成元年) 香川短期大学附属女子高等学校開校、香川短期大学を宇多津町に移転
1995年(平成 7年) 休校中の尽誠中学校を香川誠陵中学校と改称し高松市鬼無町に移転再開
1998年(平成10年) 香川短期大学附属女子高等学校を香川誠陵高等学校と改称し鬼無町に移転
2002年(平成14年) 香川短期大学附属幼稚園を宇多津町に開園

沿革

本学は学校法人尽誠学園の短期大学部門として、昭和42年に善通寺生野町に開学した。当初は家政学科のみだったが、昭和45年に幼児学科第Ⅰ部、昭和49年には幼児教育学科第Ⅲ部を設置し、さらに昭和62年経営情報科を設置、同時に家政学科を生活文化学科と改称した。平成元年4月、宇多津町に移転した後、平成15年に専攻科(福祉専攻)を設置した。平成20年には幼児教育学科を子ども学科と改称した。平成29年3月末に専攻科(福祉専攻)を廃止した。

歴代理事長

理事長名 就任期間 主な事柄
大久保彦三郎 明治17年3月~明治40年7月 大久保彦三郎明治13年3月1日、財田上ノ村に忠誠塾を開設
明治20年忠誠塾を京都に移し尽誠舎と改称
明治27年香川県四條村で尽誠舎を再興、その後善通寺村に移転
香川県教育会の評議員、香川県議会副議長
大久保直廣 明治40年7月~昭和46年6月 大久保直廣明治40年舎主
明治43年私立尽誠中学校開校、校主に就任
昭和4年第7代校長
昭和19年財団法人尽誠中学校認可、理事長に就任
昭和22年新制の尽誠中学校、高等学校発足
昭和26年学校法人尽誠学園認可、理事長に就任
昭和42年香川短期大学開学
昭和44年香川高等看護学校開校
「愛 敬 誠」の座右訓が校訓となる
大久保紫朗 昭和46年6月~平成12年5月 大久保紫朗昭和46年理事長に就任、兼ねて尽誠学園高等学校校長、香川高等看護学校校長
昭和52年社会福祉法人尽誠福祉会設立
昭和53年のぞみ保育園開園、 平成元年香川短期大学を善通寺市から宇多津町移転
平成7年香川誠陵中学校発足
平成10年香川誠陵高等学校発足
大久保直明 平成12年5月~現在 大久保直明平成12年理事長に就任
平成14年香川短期大学附属幼稚園開園

学長紹介

学長名 就任期間
北川 博敏 平成7年3月~平成18年3月
現在 名誉学長
石川 浩 平成18年4月~
Copyright © 香川短期大学 All Rights Reserved.